二日酔い解消に良い方法を集めてみた

最近二日酔いに苦しみまして…二日酔いに効く情報を集めておこうと画策してこの記事に至ります

目次

二日酔いとは?

young man in sleepwear suffering from headache in morning
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

二日酔いの症状には、以下のようなものがあります:

  1. 頭痛:頭が重く、痛みを感じることがあります。
  2. 吐き気:気分が悪く、嘔吐感があることもあります。
  3. 疲労感:体がだるく、疲れやすい状態になります。
  4. 食欲不振:食事が喉を通りにくくなり、食欲が減退することもあります。
  5. 過敏:音や光に敏感になり、刺激を受けやすくなります。

これらの症状は、二日酔いの直後から始まり、数時間から数日続くことがあります。十分な休息や水分補給、そして適度な栄養補給が大切です。また、二日酔いの予防としては、アルコールの摂取を控えめにしたり、水分をこまめに摂取することがおすすめです。しかし、もし二日酔いの症状が重い場合や、長時間続く場合は、医師に相談することをお勧めします。

解消方法は?

二日酔いの症状を軽減するために、以下の方法が役立つかもしれません:

  1. 水分補給:アルコールは脱水症状を引き起こすため、十分な水分摂取が重要です。水やスポーツドリンクをこまめに飲んで体を水分で補給しましょう。
  2. 休息と睡眠:十分な休息と睡眠を取ることは回復に役立ちます。静かな環境でリラックスし、睡眠不足を解消しましょう。
  3. 軽い運動:軽い運動やストレッチは血液の循環を促進し、二日酔いの症状を緩和することがあります。ただし、無理な運動は避け、体調に合わせた適度な運動を心掛けましょう。
  4. 食事:二日酔いの時は胃腸の調子が悪くなることもありますが、軽い食事を摂ることで体力回復につながることがあります。消化の良い食材や栄養バランスの取れた食事を摂るようにしましょう。
  5. 頭痛薬:頭痛がひどい場合は、医師や薬剤師に相談して適切な頭痛薬を使用することも考えてください。ただし、適切な用量や服用方法を守ることが大切です。

以上の方法は、一般的な二日酔いの症状軽減のためのアドバイスです。しかし、症状が長引く場合や重度の場合は、医師に相談することをおすすめします。

ここまではAIで自動作成した感じの話

二日酔いの原因は?

アルコールが肝臓で分解されてできるアセトアルデヒドという物質は、タバコの煙などにも含まれる有害物質。このアセトアルデヒドには、吐き気や動悸、頭痛などを引き起こす働きがあり、これが二日酔いの原因となるのです。お酒をたくさん飲みすぎると、肝臓がアセトアルデヒドを十分に処理しきれず、血液中のアセトアルデヒドの濃度が高くなるため、その毒性によって胃痛や胃もたれ、胸やけ、吐き気、動悸、頭痛などの症状が現れます。
また、アルコールの刺激で胃が荒れ、機能が低下することや、脱水症状になることなども、二日酔いの不快な症状を引き起こす要因となります。

https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/38_futsukayoi/#:~:text=の代謝メカニズム-,二日酔いは、肝臓がアセトアルデヒドを分解しきれない,原因となるのです%E3%80%82

正直ここまで酷い二日酔いとか今までなったことがなかったので重い症状にびっくりしました。

そんなに飲んでないのになぜ?って思ったら意外なところに原因が

もうひとつ注目されているのが日本の「焼酎」です。飲酒によって血栓溶解酵素活性が高まり、とりわけ
本格焼酎でその効果が抜きんでて高いことが示されました。適量の本格焼酎を飲むことは血栓症予防効果があっ
たのです。この研究は倉敷芸術科学大学に移られた須見先生により精力的に研究がすすめられており、現在効果
を示す焼酎中の成分特定にまで進展しています。特筆すべきは、焼酎が血栓の形成は抑制せず、できた血栓を溶
解する点です。そこで、焼酎に含まれる 12 種の香気成分に着目し、PA の一種である t‒PA 産生や血小板凝集に
どのような影響を与えるのかを調べたところ、イソアミルアルコール、β‒フェネチルアルコール、n‒ブチルア
ルコール、酢酸イソアミル、アセトアルデヒド、カプロン酸エチルなどで強い凝集阻害が示され、とりわけバラ
の香り成分でもある酢酸β‒フェネチルが、強力な血小板凝集抑制能を示すことを明らかにしています。
しかしながら、これらの成分は焼酎に限ったものではなく、清酒などにも含まれています。よって焼酎の血栓溶
解作用は、単一成分のみの効果ではなく、さまざまな成分が複合的に寄与した結果である可能性があります。今
後、これらの香気成分濃度の高い焼酎が開発されれば、焼酎の香りを嗅ぐだけで健康に良い効果が得られるかも
しれません。 「医食同源」と言う言葉があるように醗酵食文化である日本の食には、まだまだ知られていない未知
なる効能があるのかも知れません。

http://www.nihonkankyou.com/wp-content/uploads/2023/06/B-Net19.pdf

血栓の予防や融解効果がめちゃくちゃ高いとされている焼酎ばかり飲んでいることでおそらく脳内の血栓予備軍が血中に溶けて肝臓で分解されたことによりアセトアルデヒドの分解に負荷がかかり二日酔いになった可能性がありますね。

それだけ体内にアセトアルデヒドが溜まっていた、血栓ができていたということでしょうか?

こわっ

定期的に焼酎摂取しようと思うようになりましたね

二日酔い対策

アルコールから生じる「アセトアルデヒド」が原因

アセトアルデヒドは、肝臓でアルコールが代謝される過程の途中で発生する有害物質です。

二日酔いの代表的な症状である吐き気や頭痛の原因は、アセトアルデヒドであるといわれています。

アセトアルデヒドを分解するのは、「ALDH2」という酵素です。

飲酒量が適量なら、アセトアルデヒドはALDH2により肝臓でスムーズに分解されます。

この酵素の活性には個人差があるため、体質に合わせて適量を飲むことが重要です。

脱水症状にも要注意

飲酒時は脱水症状に注意しましょう。お酒を飲むと、アルコールの利尿作用により体内の水分が不足するためです。

体内から約5%の水分が失われると、頭痛やだるさが起こるとされ、水分不足も二日酔いの一因とされています。

お酒として水分を多く摂っているようでも、実際には摂取量以上の水分を排出しやすいので、積極的にチェイサー・和らぎ水を飲む必要があります。

また、摂取したアルコールの約95%は体内で代謝分解されますが、約5%は主に尿からそのまま排出されることが知られています。

https://furunavi.jp/discovery/knowledge_food/202308-hangover_food/

あさり・しじみの味噌汁

定番のあさり・しじみの味噌汁はさっぱりとした味わいで、二日酔いでも食べやすいメニューです。

あさり・しじみにはアミノ酸・ミネラル・タウリン・鉄分などが含まれており、とくにタウリンは、アルコール分解に必要な酵素の手助けをしてくれます。

また、しじみにはオルニチンも含まれています。

オルチニンは、肝臓によるアセトアルデヒドの分解を助けてくれるだけでなく、血液中に残った毒素を分解する働きを持つ成分です。

二日酔い予防のためには、あさりやしじみの味噌汁を飲酒前に飲んでおくと、より効果を発揮します。

納豆・豆腐・枝豆

納豆・豆腐・枝豆などの大豆製品には、肝臓の働きをサポートするタンパク質が豊富に含まれています。

あっさりした豆腐料理などは、二日酔いの朝でも胃腸に負担をかけません。

豆腐や枝豆は、飲酒時のおつまみにもおすすめです。

また、大豆製品にはビタミンB群が豊富に含まれており、飲みすぎた場合に不足しがちなビタミンB1も摂取できます。

ビタミンB1が不足すると、ごはんやパンなどを口にしても、糖質をうまくエネルギーに変えられません。

大豆製品は、二日酔いのときだけでなく、日頃から意識して摂りたい栄養素も含まれている健康的な食品です。

玄米や胚芽米

玄米や胚芽米などの未精製の穀物にもビタミンB1が多く含まれます。

炊いてそのまま食べてもよいですが、お茶漬けにして食べるのもおすすめです。

また、飲酒をすると「アルコール性低血糖」と呼ばれる状態になりやすく、血糖値が下がりがちです。

飲酒後に炭水化物を食べたくなるのは、このアルコール性低血糖の影響とされています。

玄米や胚芽米で炭水化物を補給すれば、低血糖を解消し、体のだるさをいくぶん軽減できます。

ただし、玄米は白米に比べて消化に時間がかかるので、胃腸の調子もよくない場合は白米のおかゆやあっさりしたパン・麺類などにしてもよいでしょう。

カレー

カレーには、二日酔い予防で有名なウコン(ターメリック)が含まれます。

ウコンの特徴的な成分であるクルクミンは、植物特有の成分であるポリフェノールの一種です。

ポリフェノールの抗酸化作用により、アルコールの代謝能力を高めると考えられています。

ただし、香辛料が多く含まれているカレーは胃腸にとって刺激となるため、辛すぎないものを選ぶとよいでしょう。

鶏肉・魚・卵

鶏肉・魚・卵は、大豆製品と同様にタンパク質が豊富で、肝臓の働きをサポートします。

どの食材も幅広い調理法があるため、胃の負担にならない方法で食べましょう。

とくに、卵はほかのタンパク質豊富な食品よりも消化・吸収に優れています

二日酔いの日の朝ごはんにしたり、飲酒中のおつまみとしたりするのもおすすめです。

柿には渋み成分のタンニンが含まれ、胃腸内の有害物質を排出してくれます。

栄養価も高く、二日酔いの際に摂取したいビタミンCやB群が豊富で、果糖などの糖分は飲酒後に起こる低血糖の解消にも役立ちます。

なお、一度に柿を食べ過ぎて多量のタンニンを摂取すると、胃石の原因になる可能性があります。

一度に食べる量は1個から2個程度にしておきましょう。

https://furunavi.jp/discovery/knowledge_food/202308-hangover_food/

あと私的におすすめなのは肝臓サポートサプリメント

ウコンの力より安くて結構効くのでおすすめです

リンクはPRになります。外部リンク”楽天市場”に直接飛べます

ブログランキングに登録しています。登録よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次