リンゴ酢とはちみつでできる”バーモントドリンク”のダイエット補助効果がすごすぎる

目次

リンゴ酢の効能

agriculture apple blur bright
Photo by Pixabay on Pexels.com

健康によいと話題のリンゴ酢ですが、具体的に何に効くのかご存知でしょうか? リンゴ酢を含め、酢の主成分である酢酸にはさまざまな生理作用があります。 酢酸には、主に血糖値の上昇を穏やかにする作用や、血中のコレステロールや中性脂肪を抑制する働きなどがあり、食生活の乱れから生じやすい悩みを解消するサポートしてくれます。 ほかにも酢酸には、疲労のもとになる乳酸の代謝を促す作用があり、運動後にリンゴ酢を飲むと、筋肉の疲れを和らげる効果が期待できます。 リンゴ酢がもたらす効果について、くわしく見てみましょう。

効果1.ダイエットをサポート

リンゴ酢に含まれる酢酸は脂肪の分解を促し、身体に脂肪をため込もうと働く酵素を阻害する力があります(※1)。食事と一緒にリンゴ酢を摂ったり、食後に飲んだりすることで脂肪の分解につながります。そのため、リンゴ酢はダイエットのサポートに役立ちます。

効果2.血液中の脂質を減らす

リンゴ酢に含まれる酢酸は、身体の中で脂肪がつくられるときに働く酵素の作用を阻害するので、コレステロールや中性脂肪など血液中の脂質の過剰な増加を予防します(※1)。脂っこいものや炭水化物の多い食事では、リンゴ酢も一緒に摂るといいでしょう。

効果3.血糖値の上昇を緩やかにする

リンゴ酢に含まれる酢酸には、血糖値の上昇を抑える作用があることが分かっています(※2)。酢酸は食べたものを胃の中に長くとどめるように作用するため、小腸での吸収速度が遅くなり、血糖値の上昇がゆっくりになるのです。食前や間食ではなく、食事と一緒にリンゴ酢を摂るとよいでしょう。

効果4.胃の活動をサポート

リンゴ酢に含まれる酢酸は、胃や腸の働きを促進し、消化液の分泌をスムーズにします(※3)。食欲がないときに酢の物を食べると食事が進みやすいのは、酢酸が消化液の分泌をサポートするためです。箸休めとしてリンゴ酢を使った酢の物などを用意しておくのもいいですね。

効果5.筋肉の疲労を和らげる

リンゴ酢に含まれる酢酸には、筋肉を使ったことで生まれる疲れのもとになる乳酸の代謝を促す働きがあります(※4)。そのため、長距離のマラソンなど、身体に負荷の高い運動を行なった後にリンゴ酢を摂ると疲労回復の効果を感じやすいでしょう。

効果6.リンゴ酢はほかの酢よりも飲みやすい

リンゴ酢は、ほかの酢よりも酸味がまろやかなため飲みやすいです。ドリンクやスイーツとしても取り入れやすいので、穀物酢や黒酢が苦手な方にもおすすめです。

https://kawashima-ya.jp/contents/?p=49391

とても効能が素晴らしいですよね。

カリウムが多いので腎臓に悪いと思われがちですが、リンゴ酢を摂取しすぎない限り高カリウム血症なることはないと思われます。

むしろカリウムでむくみ改善にも期待できますね

バーモントドリンクの作り方

a glass bottle with brown liquid beside a glass of cold drink
Photo by Ehioma Osih on Pexels.com

作り方

リンゴ酢大さじ1、蜂蜜大さじ1、冷水=150ml

サイダーうまそう

思ったけどこれにお酒加えてもうまそうですね、夏はマリブとミント加えて飲んだり冬はウイスキー加えてみたり

夢が広がりますね

リンゴ酢自体も安いのでこれはおすすめですね

ブログランキングに登録しています。登録よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次